03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2005.10/30(Sun)

祭のおもひで・その6 [16日・昼の部]

《つづき、書きました》

さていよいよ最終日です。
時間かかってすいません(汗)
もう私の記憶も薄れかかってますから、忘れないうちに書かないと(^^;)

【More・・・】

<水曜どうでしょう 9th presents 祭 UNITE2005>
10月16日(日)祭三日目

ようやく朝から晴れた最終日。
前日売切れてしまったonちゃんぬいぐるみを買うため、初めて開場前に並びました。
おかげでonちゃんゲット!
最後くらいはステージの近くで見たかったので、午前中から座り込み。
そこそこ近くで、D陣の『本日の日記』を見ることが出来ました。
『本日の日記』とは、いつもHP上で書いている日記を、
ステージで生公開しましょう、というもの。
まあ、好きなことしゃべるだけですが(^^)

■D陣の日記
昨日は嬉野Dが「みなさんは実はキツネなのです」とかいう、ありがたい話をしたそうで、
あとで藤やん(大泉さんだったか?)が「宗教みたいになってきた。」と言ってました。
どんな話だったんでしょうね?

この日はグッズの中でも売り上げの悪いものを持ってきて、まずは宣伝が始まりました。
「大鈴おみくじストラップ」「ダイヤブロックどうでしょう龍宮城」
「抱っこ藤やん犬」「キャラマスコット(姫だるま・子だるま)」など。
本物の姫だるまは抽選で完売したそうですが、ストラップはいまいち
売れなかったみたいです。
私も最初は買うつもりだったんですが、本物を見たら意外と大きかったので、
買い控えたクチ。

「抱っこ藤やん犬」は、藤やんが手から落とし、
ステージ上を風に吹かれてスーッと動いたりコロコロ転がったりしたので、
「ひとりで動くグッズ」という触れ込みで推すことに(笑)
嬉野D「祭が終わって誰もいなくなったあと、会場のあちこちに落ちてたりして。」

■うれしーの話
「どうでしょうっていうのは、最終的にすごいものを見ることになると思うんだ。」と力説。
うれしーは、普段の日記でもわかるように、語りだすと止まらないタイプです。
「4人の中で一番おしゃべりなのは、実はうれしーである。」と以前大泉さんが
言ってたのが納得できます。
さすがの藤やんも、「ほう、すごいものを・・・」としか言えなくなってました(笑)
でもうれしーの言うことって、妙に説得力があるんだなぁ。

『本日の日記』終了後も、せっかく取った場所を離れがたく、二人で交代しながら
陣取ることにしました。
敷き物を敷いたまま誰もいなくなる、「場所取り」行為が禁止なので、
誰かは残ってないといけないのです。

★トークショー(昼の部)

■パレード
今日は、なまはげさんとonちゃんとタコ星人がスタンド席入り口から登場。
スタンド席から下に行くには、簡易式の階段を降りなくてはいけないので、
前の見えづらい格好、特にonちゃんは恐る恐る降りてたみたい(笑)
愛想をふりまきながら、タコ星人はぐるぐる回りながら、ステージへ上がっていく。

■暴行事件
ステージに上がってもテンション高く、ぐるぐる回ってたタコ星人。
その勢いでonちゃんの頭をボコーッとぶん殴った!ひざをつくonちゃん。
ミスターは思いのほか手が痛かったみたいで、
「ヘルメットみたいなのを被ってるかと思ってた。じかに頭に当たったよー(笑)」
安田さんonちゃん「目から星が出ました・・・」

※後日談:CUEモバイルに載っていたとおり、
 ミスターはこれで右手薬指を骨折してました・・・(^^;)

■さっそくごねるなまはげさん
「昨日でパレードは飽きたっつってんだろ。なんで今日はあんな高いところから
出るんだよ。遠いんだよ!
おまけにマイクがないから『泣く子はいねぇがー』も言えないじゃないか。
パレードなのに手に持ってるのはこの魔除けと書いた包丁だ。パレードで包丁は危ないだろ!?」

■着替え
onちゃんが一度ステージをはけ、黄色い全身タイツの簡易onちゃんに変身。
その姿でonちゃんの中の動きをすると、ちょっとコワイ(笑)

■昨夜の大泉家
昨日、大泉さんが家に帰ったら、お父さんとお兄さんがビールで乾杯していた。
洋「ただいまー」 父「おおー洋、おかえりー!」 
洋「今日は悪かったね」 父「いやー今日はおもしろかったなぁ!」
その横では姪っ子がくるくる回っていた。「ミスターのまねー!」
大泉「さすがに言ったね。やめてくれ・・・って」

■第二夜上映
今日は特別に第二夜を先行上映します!との藤村Dの言葉に、
ほとんどの人が喜んで大騒ぎ!喜んでないのは、今日初めて来た人。
ここで大泉さんが、「第二夜だけ見せたら、昨日見てない人は可哀想じゃない。」と言い、
じゃあ第一夜から見っか!ってことになりました。
昨日見てる人は裏話も聞いているので、昨日とは違った感じでどっかんどっかん
受けてました(笑)
第二夜もおもしろかったなぁー!「どうでしょう」らしいゆるさが出ていて(^^)

■自分大好き
どうでしょう班はステージ上の小さなモニターで新作を見てます。
私は昨日第一夜を見ていたので、今度は時々大泉さんの様子を見てみましたが、
まぁー自分の言ったセリフでウケることウケること!
ひざ叩いたり、のけぞったり、大爆笑してました。
ほんと、自分大好き。良く言えば自分を客観的に見れる人?
「自分ちで見てぇなぁー」とつぶやいたりしてました。

■後枠取り
昨日は新作の前枠を撮ったけど、今日は後枠を撮る、と藤やんが。観客みんな、大喜び!
大泉さんは台本を今初めて見たようで、ステージ上でぶつぶつセリフを言って
頭に叩き込んでいる。
結構長いセリフなのにその場で覚えられるなんてさすが役者だなぁ、と思いました。
まあ、普通は前もって台本を読んでおくものでしょうが(^^;)。そこは大泉さんらしいです。
ミスターと安田さんは、お互いのカツラを治しあったりしてました。

昨日の前枠取りの時、その場で立ち位置とか段取りとかを決めて、
会場のお客さんはそれを静かに待つ状態だったんですが、
藤やんはたくさんのお客さんが待っているということもまったく頭からなくなり、
撮影に集中していたそう。この日もそんな感じで出演陣に指示を出す藤村D。
大泉さんの方が「ごめんなさいねぇ、みなさん」とお客さんに気を使ってました。
いやいや、めったに見られないものだし、おもしろいから別にいいんですよぅ。

前枠の時と同じく、客席をバックにして撮影。
藩士たちも軽く演技を要求されました。
うれしーのキューで演技開始。今度は一発OKでした。
前枠と同様、素晴らしい出来だそうなので、新作の第三夜が楽しみです。
自分を探してみます(^^)

■一番の大ファン
昼の部が終わる頃(だったか?)、あ、そうだそうだ、と思い出したように、
「僕も祭を楽しみたい。」と大泉さん。
「このあと僕も祭を見に行きます。お願いだから、写真とか握手とか控えてください。
みんなと同じように雰囲気を楽しみたいから。だから僕が行ってもそっとしておいて。」
藤やんも、「みんなどうでしょうのファンだろうけど、一番のファンは大泉さんだから。
同じように祭を見たいんだよ。」と訴えかけました。
大泉「いや、だーれも近寄らないのも寂しいんだけどね。」って、どっちやねん!(笑)
そうかそうかー、本当にこの番組が大好きなんだね、大泉さん(^^)

■その後、どうなったか
私たちはその場にとどまり、大泉さんを見かけることはなかったけど、
彼らを見た、という方の話を偶然聞けました。
アイスアリーナのほうに、大泉さんだけではなくミスターも一緒にいたそうで、
ミスターがSPのように大泉さんを守っていたとか。
写真を撮ろうとする人に「あっ、写真はちょっと。」と止めたりしてたそうです。

そして別行動で藤やんとうれしーも祭を見に来たそうですが、こちらは握手・写真攻めに
あっていたみたい。
公式HPにも載ってましたが、そのおかげで「夢チカ」ライブに間に合わず、
場内アナウンスで「藤村さん、安田さん。いらっしゃいましたらすぐにお戻りください。」と
呼び出しをくらってました(笑)(安田さんもどこかに・・・!?)
「会場で藤村さんを見かけた方は、至急戻るように言って下さい。」とか
「戻らなければ、勝手に始めちゃいます。」とか、アナウンスも可笑しい。
(その7へつづく)

テーマ : OFFICE CUE&水曜どうでしょう - ジャンル : アイドル・芸能

16:24  |  水曜どうでしょう祭  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://hibitara.blog4.fc2.com/tb.php/520-f5dca664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |